移住者紹介レポートvol.1~東京から移住し7月から新規事業開始!伝統とモダンを調和させて新たな価値観を創造する~

移住者紹介レポートvol.1~東京から移住し7月から新規事業開始!伝統とモダンを調和させて新たな価値観を創造する~

「伝統とモダンが調和した、今までの八女には無いようなカフェを創ろうと思っています。」

遡ること約20年。
八女市は、現在伝統的町並みが残る福島地区の町家保存・活用に着手し始めました。
この町並み保存に関しては、また別の機会に紹介することにして、
今回は、この地区で新しくカフェをオープンされる予定の井上眞司さんを紹介します。

井上さんは、隣町である広川町のご出身で、2年前に八女市に移住されるまでは、
映画などのセットを企画・設営する仕事を東京でされていました。

毎日遅くまで仕事が続く日々。
セットを設営するのに3日、壊すのに3日、というサイクル。

どこか別の土地で、以前からやりたかったカフェをできないだろうかと井上さんは考えるようになったといいます。

そんな時に出逢ったのが、八女の町家保存に尽力されている北島 力さんでした。
北島さんの紹介で見学した空き家に一目惚れし、「ここで住み、カフェをする」と決めたそうです。

そして昨年から八女に住み始め、いよいよ7月中旬にはカフェをオープン出来るまでに準備が整いました。


≪井上さんご自身でデザインされたカウンター≫
≪井上さんご自身でデザインされたカウンター≫

信頼のおける大工さんにも協力してもらい完成しました。
このカウンターで珈琲を飲んでみたい!

≪店内のレイアウトも大詰め≫
≪店内のレイアウトも大詰め≫

「古民家風が最近流行っているけれど、僕は、伝統とモダンをどちらも取り入れたいんです。」
とおっしゃる通り、クラシックなものばかりで揃えるのではなく、あえて、モダンなものも取り入れ、
八女にあるカフェとしては新しい空間を創り出します。

≪カフェのシンボルマーク 中庭≫
≪カフェのシンボルマーク 中庭≫

なんとこちら、奥様の手作りとのこと!
入り口から縁側まで一直線に抜ける空間。
癒しの空間になること間違いなしです。

≪「正直都会での仕事はもういいかなって。家族でのんびり珈琲屋をやっていけたらいいかなと思ってるんです。」と話してくれた井上さん≫
≪「正直都会での仕事はもういいかなって。家族でのんびり珈琲屋をやっていけたらいいかなと思ってるんです。」と話してくれた井上さん≫

古きよきものも、新しいものも、どちらも大切にしていく。
八女にはまだ存在しない新たな価値観を、井上さんは東京から持ってきてくださいました。

20年前にあった福島地区の空き家40軒は、現在20軒まで減りました。
しかしながら、旧八女郡の地域には、まだたくさんの空き家がある状況です。
井上さんのように、「古いものと新しいもの」が調和できる町づくりを心掛けていきたいものです。

またひとつ「八女のロマン」に触れ合うことができました。
井上さん、ありがとうございました。

CAFE & BAKE MITOTE
八女市本町219-2
0943-24-8308
11:30-21:00
定休日 水曜日
駐車場あり

八女のロマンFacebookページ↓
<a href="https://www.facebook.com/yamenoroman/" target="_blank">https://www.facebook.com/yamenoroman/</a>
Instagram↓
アカウント名 <a href="https://www.instagram.com/yamenoroman/" target="_blank">@yamenoroman</a>
twitter↓
アカウント名 <a href="https://twitter.com/yamenoroman/" target="_blank">@yamenoroman</a>

ハッシュタグをつけて、
八女のロマンを探そう

#yamenoroman