移住者紹介レポートvol.2~沖縄県から移住し、第二の故郷八女で使命感を持って取組む地域活性化「子どもたちに感動を与える仕事を」~

移住者紹介レポートvol.2~沖縄県から移住し、第二の故郷八女で使命感を持って取組む地域活性化「子どもたちに感動を与える仕事を」~

沖縄県那覇市出身の玉城(たまき)康人さん。
突然訪問したにもかかわらず、丁寧な対応をしてくださいました。
一見、沖縄の雰囲気は感じられませんが、話をしてみると温和な人柄がどことなく沖縄の風を感じさせてくれます。

大学進学を機に、久留米市に住むことになった玉城さん。
在学中に始めた地域の奉仕団体の取組みが、八女市内の子どもたちに生の演劇を見せることでした。

着実に公演を重ね、生の演劇に感動する子どもたちを見て、玉城さんも充実感を感じていたそうです。
大学卒業後もそのまま同団体に勤めることになり、久留米に住みながら、八女の事務所まで通う日々が始まりました。

そんなある日、ふと考えました。
「八女の風土を肌で感じるためには、八女に住んだ方がいいんじゃないか」
そして、玉城さん32歳の時に、八女に移り住むことを決めたのです。
当時の副市長の意向もあり、地域の活性化に従事していた玉城さん。
一度八女を離れるものの、現在の「おりなす八女」のオープンに偶然重なり、
46歳から現在まで「おりなす八女」の企画担当として働かれています。

八女とはどんなところですか、との問いかけに玉城さんは、
「今ではここが第二の故郷になりました。自然もあり子育てにも良いですしね。子どもの経験のために、
今ではある種使命感のようなものを持って仕事に取り組んでいます。」
と嬉しそうに話してくださいました。

ホッとする木の香り。
ヨソものを受け入れてくれる新しい居場所。
なんとなく懐かしさを感じる町並み。

八女には、どこか人を穏やかにする雰囲気があります。

玉城さんの取組みで、将来劇団に入り八女で講演する方が現れるかもしれないと思うと、今からワクワクしてきます!
玉城さん、ありがとうございました!

あなたも八女のロマンに触れてみませんか。

\【#八女のロマン】で検索!/
Facebok、Instagramでは様々な「八女のロマン」が溢れています。
Facebokページ↓
<a href="https://www.facebook.com/yamenoroman/" target="_blank">https://www.facebook.com/yamenoroman/</a>
Instagram↓
アカウント名 <a href="https://www.instagram.com/yamenoroman/" target="_blank">@yamenoroman</a>
twitter↓
アカウント名 <a href="https://twitter.com/yamenoroman/" target="_blank">@yamenoroman</a>


ハッシュタグをつけて、
八女のロマンを探そう

#yamenoroman