移住者紹介レポートvol.4~地方の魅力発信源~

移住者紹介レポートvol.4~地方の魅力発信源~

今や福岡県八女(やめ)市の人気スポットになった「うなぎの寝床」。『筑後地方を中心に近隣の場と人の魅力を発信するアンテナショップ』というコンセプトを掲げる店舗には、日本のジーンズを目指すもんぺ(MONPE)を始めとした約60社の商品が整然とディスプレイされています。今回紹介するのは、そんなうなぎの寝床に魅了され、現在店長として働く桑原美佳さんです。(12月から新店舗 東京新川分室へ異動)

桑原さんは、鹿児島県錦江町出身。人口約7,800人(平成29年9月1日現在 同市ホームページより)の小さな町で育ちました。高校卒業後、東京の大学に進学したのち、首都圏の印刷会社に就職。その後広告代理店を経て、上京後約10年で地元鹿児島に戻ることに。「両親のことが気になっていたこともあり、元々30歳位を目途に実家に戻ろうとは考えていたんです。でも、いざ戻ってみると、意外にまだ元気で(笑)。そして何より、地元で3ヶ月経った頃から『ヒマだな~』って(苦笑)。」地元での生活にマンネリ感を抱き始めていた桑原さん。そんなときに見つけたのが、当時福岡県で取組んでいた移住体験プログラムでした。
福岡県の中で八女市の移住プログラムに申し込んだ理由を尋ねると、「唯一八女市だけが、古民家に住みながら移住体験が出来たんです。Webでその物件を見て、とても気に入ったのが決め手になりました。」と桑原さん。こうして、1ヶ月間の移住体験が始まりました。体験期間中は、主に市役所の業務の手伝いなどで大半を過ごしたそうです。


キッカケは偶然の出会い
キッカケは偶然の出会い

うなぎの寝床との出逢いは、移住プログラム参加中に案内してもらった町歩きがキッカケでした。てっきり一目見てお店の虜になったのかと思いきや、当時の店長兼バイヤーだった春口丞悟さんの醸し出すおしゃれな雰囲気に圧倒され、「なんとなく敷居が高いお店」という第一印象を受けたのだそうです。後日縁があって、代表の白水高広さんと一緒に作り手さんを見学して回る機会があり、瞬く間にうなぎの寝床の魅力に引き込まれていきました。桑原さん曰く、「表向きはオシャレなアンテナショップですが、裏で何をやっているのかわからなくて、それが逆に好奇心をそそられました。八女市に1ヶ月滞在したんですが、やっぱりその期間じゃわからないことが多かったんです。八女市のことをもっと知りたいという想いとうなぎの寝床への興味があって、白水さんに3ヶ月働かせてくださいってお願いしたら、あっさりOKで(笑)。最初はシェアハウスに住んでたんですが、それだとなんというか、捉え方によってはいつでも動けてしまうという状況だったので、3ヶ月先は何も決まっていないにも関わらず、家を借りて、気付けば2年が経ってしまいました(笑)。」

田舎が好きだからこそ、田舎に目を向けてもらいたい
田舎が好きだからこそ、田舎に目を向けてもらいたい

なんとも男気ある決断をされた桑原さんでしたが、その決断の裏には、ある想いが隠されているそうで、「ここ(うなぎの寝床)やここにある商品を通じて、地方とか今いる環境を見つめ直すキッカケになれば嬉しいと思っています。地方にはまだまだ魅力ある商品がたくさんあるのに、地元の人たちにはそういう風に見えていないことがあるんです。でもそれって目線を変えると全然違って見えたりする。それを実践しているのがここなんです。」
この想いの根底にあるものは何かと尋ねてみると、桑原さんは少し考えたあと、コトバを選びながら答えてくれました。「私は田舎の小さい町で育ったので、やっぱり田舎が好きなんです。うなぎの寝床に出逢ってから、今まで知らなかった歴史ある町やヒト、モノを知る機会が増えました。きっとそういうのが好きなんだと思います。」

八女にはまだまだ知らない魅力がある
八女にはまだまだ知らない魅力がある

最後に、八女の好きなところはどこですかと尋ねたところ、「まず、歴史がある。これは羨ましいです。私の地元は、農耕地で開拓された土地なので歴史が浅いんです。それに比べると八女市は歴史が深いですよね。八女のモノづくりや作り手のみなさんの背景には歴史があって、とても興味深い。次に、意外と都会(笑)。そして、なにより人が優しいです。穏やかな方が多いですよ。」と笑顔で答えてくれました。
「八女が好きなので、形が変わっても八女とは一生関わっていくような気がする。」と話してくれた桑原さん。桑原さんに八女の魅力を語らせたら、きっとあなたも八女の虜になってしまうはずです。

『うなぎの寝床』
『うなぎの寝床』

店休日:火、水(祝日営業) ※出張などの臨時休業あり。HPにてご確認下さい。
営業時間:11:30〜18:00
カード:使用可 VISA,JCBなど
住所:〒834-0031 福岡県八女市本町(モトマチ)267
*カーナビ検索で上記の住所がでない場合は、下記住所をお試しください。近隣に到着します。
「福岡県八女市本町264」「福岡県八女市本町261」、「福岡県八女市本町西古松町267」
電話 0943-22-3699 / FAX 0943-24-9836
<a href="http://unagino-nedoko.net" target="_blank">うなぎの寝床HP</a>

≪追記≫
≪追記≫

以前紹介した<a href="http://www.romanticyame.com/blogs/26" target="_blank">國武秀一</a>さんの商品も並んでいました♪

あなたも八女のロマンに触れてみませんか。

\【#八女のロマン】で検索!/
Facebok、Instagram、Twitterでは様々な「八女のロマン」が溢れています。
Facebokページ↓
<a href="https://www.facebook.com/yamenoroman/" target="_blank">https://www.facebook.com/yamenoroman/</a>
Instagram↓
アカウント名 <a href="https://www.instagram.com/yamenoroman/" target="_blank">@yamenoroman</a>
Twitter↓
アカウント名 <a href="https://twitter.com/yamenoroman/" target="_blank">@yamenoroman</a>

ハッシュタグをつけて、
八女のロマンを探そう

#yamenoroman