八女のロマンマルシェ@明永寺[後記]

八女のロマンマルシェ@明永寺[後記]

八女のロマンマルシェ、無事に終了しました。

事故や大きな問題もなく終えられたことは、関係者皆様のおかげです。本当にありがとうございます。
しかしながら、当日に思わぬハプニングなども発生し、ご心配をかけてしまいました。今回の反省点は、今後の活動に活かしていきたいと思います。


こどもたちが楽しむために
こどもたちが楽しむために

それでも会場内は、こどもの笑い声が絶えない和やかな雰囲気となり、「大人もこどもも楽しめる」というコンセプトは達成できたかなと安心しています。会場を提供してくださった明永寺さんが急遽キッズスペースを設置してくださり、こどもたちに楽しい時間を増やしていただきました。またこども向けに鉛筆の持ち方教室も開催していただき、保護者の皆様にも喜んでいただきました。「お寺は公民館のようなコミュニティスペースだから」という住職のお言葉にはいつも助けられています。

コンセプトも決まっていない状態で「マルシェをやりたい」と半ば強引に協力をお願いした株式会社ヒトとモノとコトの吉本さんには、企画段階からお世話になりました。普段関わられている生産者の皆さんと話していると、吉本さんへの信頼度が伝わります。僕もその一部を感じられた気がします。またこれを機に、今まで知らなかった方々とも知り合うことができ、八女の魅力をより知ることに繋がりました。

予想はしていたけど、やはりお二人の掛け合いは面白かった
予想はしていたけど、やはりお二人の掛け合いは面白かった

うなぎの寝床の渡邊さんと株式会社エージェントプラスの橋口さんには、八女で感じる「田舎暮らし」という難しい話題だったにもかかわらず、軽快にお話しいただきました。急遽内容を変えながらも対応していただき、とても助かりました。お二人の掛け合いを一番近くで拝聴し、僕自身が楽しむことができました。

ワイワイガヤガヤ
ワイワイガヤガヤ

初めての企画にも関わらず、出店してくださったお店・生産者の皆様には、事前の告知と当日の会場を盛り上げていただきました。どの出店者もステキなお店ばかりだったという嬉しい感想もあり、今回の方々にお声掛けさせていただき本当によかったなと感じました。

頼りになる先輩、後輩、友人たちでした
頼りになる先輩、後輩、友人たちでした

そして、何よりも当日手伝ってくれたボランティアスタッフの皆さん。本当にありがとうございます。サンカクキカクの宇佐川さん、岡さん、森下、拓哉くん、瑠惟くん、岡さん、中島さん、吉田さん。皆さんの力がなければ成功しませんでした。

今回マルシェを開催しようと考えたのは、「八女を体感してもらいたかったから」です。今回の経験を活かして、今後も移住を検討されている方々によりリアルな情報をお伝えし、体感していただけるよう活動していきます。これからもどうぞ、八女のロマンをよろしくお願いいたします。

「八女にはロマンが溢れている」

あなたも「#八女のロマン」に触れてみませんか。

ハッシュタグをつけて、八女のロマンを探そう

#yamenoroman