『プチ移住体験(就業型お試し体験事業)』レポートVol.6 宮崎さん ~自分と向き合い家族と共に考える移住計画~

『プチ移住体験(就業型お試し体験事業)』レポートVol.6 宮崎さん ~自分と向き合い家族と共に考える移住計画~

八女市は知らなくても、八女茶なら知っているという方は多いかもしれません。
八女茶を始め、八女では様々な作物が生産される農業が盛んなまちです。

八女市では、首都圏や福岡市で開催される移住フェアだけでなく、「新・農業人フェア」という農業に関心のある方向けのイベントにも参加しています。就農相談に並行して、移住相談をされる方も多いからです。

今回は、この新・農業人フェアで相談を受け、「プチ移住体験(就業型お試し体験事業)」を利用し、農業体験をされた宮崎さんのご紹介です。

静岡県在住の宮崎さんは、現在大手デパートに勤務。今の仕事に大きな不満があるわけではないものの、このまま同じ仕事を続けていくことになんとなく疑問を抱き始めたと話してくれました。そして、いくつかの選択肢を考えるなかで、「頑張った分だけ成果が出る農業に行き着いた」のだそうです。ただ、静岡県も自然豊かな土地。生まれ育った土地を離れて就農しようと考えたのはなぜでしょうか。

「就農を考え始めたとき、まず最初に、今住んでいる地域の近くで農業研修ができるような施設はないか探しました。しかし調べた限り、そのようなところは見つかりませんでした。農業に関しては全くの素人なので、きちんと研修ができることを条件にして探していたときに、広島県と長野県、そして八女市に研修施設があることを知りました」

今までに何度か紹介してきたように、八女市には、JAふくおか八女が運営する就農支援センターという施設があります。就農支援センターでは1年間の研修を受けた後、独立か雇用就農を目指します。

宮崎さんは、この就農支援センターに応募するため、農業体験を希望されました。


今年度の研修生に混じって就農体験
今年度の研修生に混じって就農体験

就農支援センターでは、毎年数名の研修生を受け入れています。センター長の指導を受けながら1年間かけて、トマトまたはイチゴを育てます。
センター長である井上さんから施設案内をしていただき、早速作業開始です。

福岡県内でも有数のいちごの生産地 八女市
福岡県内でも有数のいちごの生産地 八女市

「イチゴ(あまおう)の栽培に関心があったことが、就農体験を希望したきっかけです。」と話してくれた宮崎さんの言うとおり、八女市はあまおうの栽培が盛んです。
そして、あまおうは12~5月頃がシーズン。この時期の就農支援センターでは、収穫、パック詰め、ハウスの管理などが主な作業です。

愛情たっぷりで育てられたイチゴたち
愛情たっぷりで育てられたイチゴたち

このイチゴたちは、研修生ごとに分けて栽培されており、「この列は私たちが育てたイチゴだ」ということがわかるそうです。イチゴだけに限らず農業では、それまでの苦労が報われる時期だと思います。

意外と知らないイチゴのはなし
意外と知らないイチゴのはなし

私たちが普段何気なく眺めているイチゴ。実は、そのサイズによって細かく規格が決められています。「2L」「G」「DX」といった感じです。
いわゆる、綺麗な逆二等辺三角形のような形をしたものが「DX(デラックス)」で、ランクが高くなります。(最高ランクは「EX(エクセレント)」ですが、希少価値が高くなかなか出ないのだとか)
そもそもイチゴにそんなランクがあったことさえ知らなかった私は、これ以降イチゴを買うときに、まずは規格を見るようになってしまいました。(笑)

根気強く淡々と作業をこなしていく。農業のそんなところが自分に向いている。
根気強く淡々と作業をこなしていく。農業のそんなところが自分に向いている。

「気候によって左右されるのは当然わかっていますが、自分が頑張れば、その分だけ成果が出る農業が自分に向いていると思ったんです。」
宮崎さんは、農業を志した理由をこう話してくれました。
しかし、農業を一人で始めるのはとても厳しいことです。収入と作業の両面で、自分一人で栽培できる作物の量は限られているからです。

そんなとき、悩む宮崎さんの背中を押してくれたのは、ご両親でした。

ここまでこれたのは、支えてくれる家族のおかげ。
ここまでこれたのは、支えてくれる家族のおかげ。

お父様は、退職のタイミングで移住を検討されており、就農する宮崎さんを手伝うと言ってくれたのだそうです。

「正直、両親が農業を手伝うと言ってくれなければ、ここまで移住を現実的に考えることはできませんでした。一人で食べていけるほど農業が甘くないこともわかっていますから。ただ、両親にもこれからの人生は楽しんでもらいたいですし、早く自立できるように勉強していかないといけません。」

ご両親の支えを借りつつも、将来の独り立ちを見据えて行動される宮崎さん。「一緒に農業してくれるパートナーも募集中です(笑)」と冗談交じりにおっしゃっていました。

手仕事が残る八女福島の白壁の町並みに滞在する
手仕事が残る八女福島の白壁の町並みに滞在する

今回の滞在先は、八女福島の白壁の町並みにある「泊まれる町家 川のじ」。
1棟貸しである川のじは、ご家族で滞在する宮崎さんたちにとってぴったりの施設です。120年前に建てられた民家を改修した川のじに宿泊できることを、皆さんワクワクされているようでした。

八女は農作物が豊富でゆっくりと時間が流れていて暮らしやすい
八女は農作物が豊富でゆっくりと時間が流れていて暮らしやすい

「今住んでいる地域もとても住みやすい街ですが、八女も同じように住みやすさを感じることができました。長野県と広島県、そして八女市に足を運んでみて、それぞれの土地の雰囲気を知ることができよかったです。やはり、その地域に行ってこそわかることがあると思います。」

今回は支援センターでの体験がメインだったため、それ以外の時間をあまりとれませんでしたが、滞在された川のじや食事をしたお店などで触れ合った人たちからそう感じていただけたのだと思います。

新幹線で東京から八女市まで
新幹線で東京から八女市まで

宮崎さんは今回東京から新幹線を利用して、八女まで来ていただきました。八女には鉄道が通っていないため、隣町である筑後市のJR羽犬塚駅でお別れです。
宮崎さん、ありがとうございました。次会うときは、宮崎さんが研修生として移住希望者の体験を受け入れてもらう立場になったりして、と思い描きながらお見送りしました。

八女市就業型お試し体験事業
八女市就業型お試し体験事業

詳細は、八女市公式ホームページをご確認ください

あなたも八女のロマンに触れてみませんか。

\【#八女のロマン】で検索!/
Facebok、Instagram、Twitterでは様々な「八女のロマン」が溢れています。
Facebokページ↓
https://www.facebook.com/yamenoroman/
Instagram↓
アカウント名 @yamenoroman
Twitter↓
アカウント名 @yamenoroman

ハッシュタグをつけて、八女のロマンを探そう

#yamenoroman